電動と電動ではない子供乗せ自転車を織り交ぜてランキングにしました。

バッテリーの交換は?

バッテリーの交換は?

主にパナソニックの新しいギュットシリーズがバッテリー容量が多いです。

 

バッテリーは3〜5年で劣化し、交換が必要になるのです。

 

4万円程になりますが、それは交換しないで、自転車本体を新しく買ってしまえばいいでしょう。

 

では、交換を避けるにはどうしたらいいでしょうか?

 

充電の頻度を減らすことで長持ちさせることができるので、

 

バッテリーの交換or自転車の交換を避けたいのであれば、ギュットシリーズの

 

バッテリー容量16.0Ahをおすすめします!

 

3年持つとして、2歳の子供を乗せるとして、子供はもう5歳です。

 

子供を乗せるのは6歳未満までと法律で決められています。

 


なので2〜5歳まで3年持てば、交換が必要になりませんね(*^o^*)

 

3人お子さんがいたとしても、16.0Ahを買っておけば自転車本体の買い替えと同時くらいに、バッテリーが悪くなります。

 

バッテリー自体がない自転車だとずっと交換は必要ではありませんが、経済的な反面、古いタイプなので、安全性が悪くなります。

 

お財布と相談して決めるしかないですが、子供の「安全」はとても大事です。

トップへ戻る