電動子供乗せ自転車の勧め

人力の子供乗せ自転車がある中、なぜ高い電動子供乗せ自転車が存在するのでしょう。

 

もちろん、電動だったら、楽ですし。

 

でも、3人乗りの子供乗せ自転車に限っては、そういう単純な問題ではなく、子供の命に関係するからです。

 

運転主として、ママが多いと思います。

 

自分で漕ぐタイプの人力の子供乗せ自転車の場合、子供2人を乗せて走るには相当負荷がかかります。

 

背が高くて、男性の様な筋肉があるママでないと、厳しいでしょう。

 

それでも、少しでも飛ばすと転んでしまうかもしれません。

 

転ぶということは、子供が危険に晒されるということです。

 

もちろんヘルメットは必須です。

 

そこで、電動子供乗せ自転車の出番です。

 


最新の電動子供乗せ自転車は、10キロ以上の子供を乗せた場合でも、坂道でもすいすい行けるとレビューがたくさん在る程です。

 

10キロ以上の子供を乗せて、坂道をすいすい?

 

普通の子供乗せ自転車では考えられません!(汗)

 

いえ、子供を乗せていない場合の、普通の自転車でも!(汗)

 

また、その快適さから、乗ることを嫌がらない子供も多いようです。

 

勿論、全てが快適!という訳ではありません。

 

何でそんなに快適かというと、電気の力を使うからです。

 

なので、充電必須となっています。

 

充電の頻度はもちろん、乗る頻度にもよりますが、1週間から1月に1回と言われています。

 

ですが、最新になって、随分、充電の容量が増えているので、2週間から1ヶ月以上に1回と言ってもいいかもしれません。

 

その1回は、最新の電動子供乗せ自転車を調べたところ、フル充電まで約6時間かかります。

 

この充電が短所となりますが、やはり、子供の危険など、もろもろの点を考えると購入した方が良いと思うので、このサイトを作っています。

 

尚、充電切れになりますと、車体が約30キロくらいの自転車になってしまうので、要注意です。

トップへ戻る