20インチ

■20インチ

 

 

・150cmもあれば地面にしっかり足が着く。

 

 

・小回りがきく。

 

 

・子供の乗り降ろしが楽(特に成長して大きくなった場合)

 

 

・タイヤが小さい分、漕がなくてはいけない。

 

 

・重心が低く安定する(転びにくい)

 

 

・子供が大きくなってくると、20インチなら自分でチャイルドシートに乗れる子もいる。

 

 

・電動では20インチも26インチも漕ぐ力はあまり変わらないので、重心の低さで安定の20インチが圧倒的に人気。

 

・パパとの併用がしにくい。

 


■22/26インチ

 

・スタンダードな20と26インチの中間のタイプ。

 

・前輪が22インチ、後輪が26インチのことです。

 

■26インチ

 

・一番漕がなくてはいいスタイル(スピードも出るが、子供乗せた状態では危険)

 

 

・子供が大きくなった時、そのまま自転車として使える(この場合スピードを出せる)

 

 

・子供の乗り降ろしが苦労(特に成長して大きくなった場合)

 

 

・小回りがきかない。

 

 

・重心が高い(転びやすい)

 

 

・身長がある程度ないと足が地面に着かない場合がある(大変危険)

 

・パパとの併用がしやすい。

 

ほぼ決まると思いますが、どうしても決まらない場合は試乗させてもらって決めましょう。

 

 

※子供乗せ自転車がなくても普通の自転車の20インチと26インチを乗るだけでも色々分かるはずです。

22/26インチ

・スタンダードな20と26インチの中間のタイプ。
・前輪が22インチ、後輪が26インチのことです。

26インチ

・一番漕がなくてはいいスタイル(スピードも出るが、子供乗せた状態では危険)

・子供が大きくなった時、そのまま自転車として使える(この場合スピードを出せる)

・子供の乗り降ろしが苦労(特に成長して大きくなった場合)

・小回りがきかない。

・重心が高い(転びやすい)

・身長がある程度ないと足が地面に着かない場合がある(大変危険)


・パパとの併用がしやすい。
ほぼ決まると思いますが、どうしても決まらない場合は試乗させてもらって決めましょう。

※子供乗せ自転車がなくても普通の自転車の20インチと26インチを乗るだけでも色々分かるはずです。

トップへ戻る